Category Archives: Mac

FileMaker Server 13とOS X ServerのWeb

FileMaker Server 13と、OS X ServerのWebサービスの共存は基本的にはできません。となると、OS X ServerのWikiとかはあきらめるか、設定ファイルをあれこれということになりますが、ともかくいったんあきらめてFMS13を入れるといういう場合、80番と443番ポートが使われているのでインストールができないというメッセージに出くわします。

Webサービスを止めても、Wikiを止めてもまだそのメッセージが出ます。コマンドで落としてインストールしていたりしましたが、再起動したらやっぱりFMS側がだめになってどうしようもありません。徹底究明した結果、なんと、WebDAVが動いていました。ファイル共有でWebDAVを利用すると、Webサービスがオフでも、80番ポートを使ったhttpdが動いています。

では、WebDAVを全部オフにして再起動してみます。それでも、httpdは動いています。どうやら一度オンにすると、テコでも動くようです。そこで、すべての共有ポイントでWebDAVがオフになっていることを確認して、以下のコマンドを入れれば、おそらくすべてのプロセスが止まります。念のため再起動してもhttpdが動かないことも確認します。

sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist

httpdが動いているかどうかを確認するには、以下のコマンドを入れてください。このコマンドで80番や443番ポートをLISTENしているプロセスが見えるはずです。このコマンドで何も出てこなくなれば、OS X ServerのHTTPDのサービスはすべて止まった事になります。

sudo lsof -i | grep httpd

こうしてFMSをセットアップしますが、Web関連のフォルダが大きく変わります。/Library/FileMaker Server/HTTPServer以下に必要なファイルがあります。Webの公開フォルダはHTTPServer/htdocsにあります。ここにファイルを起きますが、httpdプロセスはfmserverアカウントで稼働していることに注意が必要です。_wwwではありません。

設定ファイルは、HTTPServer/conf/httpd.confがまず読み込まれます。設定を変更するには、まずこのファイルから確認しましょう。OS X Serverのよう「全部バーチャルホスト」的な設定ではなく、デフォルトのドキュメントエリアを使います。以下はその設定例です、ほとんど自分のメモみたいなもんです(笑)。赤字は追加記述です。.htaccess等を稼働させるには、AllowOverrideの指定が必要です。PHPはすでに動いていますが、既定のファイルはindex.htmlだけです。なので、DirectoryIndexの指定も行います。もちろん、必要に応じて設定は加えます。

<Directory "${HTTP_ROOT}/htdocs">
     Options All -Indexes -ExecCGI -Includes
     AllowOverride All
     Order allow,deny
     Allow from all
 </Directory>

DirectoryIndex index.php index.html

ここで、設定ファイルを変更したらapachectl gracefulと思いたいところですが、普通にこのコマンドを入れても、OS X ServerのApacheの状況を変えようとするだけで、FMSが起動しているhttpdには適用されません。FMSのhttpdのスタート、ストップ、そして設定の反映は、次のようなコマンドを打ち込みます。

sudo touch /Library/FileMaker\ Server/HTTPServer/start
sudo touch /Library/FileMaker\ Server/HTTPServer/stop
sudo touch /Library/FileMaker\ Server/HTTPServer/graceful

もちろん、フルパスでなくてもかまいません。これらのファイルの修正日を更新するのです。こうすると、/S/L/LaunchDaemonsにあるcom.filemaker.[start|stop|graceful].plistによるファイル修正の監視が行われていて、FMSのhttpdデーモンの処理を行います。これらのlaunchdファイルを見れば分かりますが、/Library/FileMaker Server/HTTPServer/bin/httpdctlというコマンドが用意されていて、このコマンドを経由して、httpdをコントロールするようです。

そういうわけで、設定ファイルを変えてはsudo touch gracefulとやればいいということです。日曜日はOS X ServerとFileMaker Serverのメンテで終わってしまった…。

MacでWindows VMを外付けドライブで稼働

我が家にはWindowsマシンは全くなく、MacでWindowsをVMで使うのでもう何年も過ごしています。自宅で仕事をすろときには、サーバのMac miniでVMを動かし、Remote Desktopで接続していましたが、立て続けに外出してWindowsを使わないと行けない仕事が発生しました。MacBook Air 2012を使っていますが、ストレージはいっぱいです。ということで、高速なメモリか、HDDかを迷ったのですが、両方買ってしまいました。実はメモリを買ったのですが、納期が遅れるということでHDDも念のために買いました。

結論は、HDDの方がスムーズにWindows 7のVMを使えました。購入したのは次の2つのデバイスです。前者は1万ちょい、後者は500GBを買ったので5000円程度。安い方がよかったのです。

TransMemoryは、サイトではMacだとUSB 2.0認識するように書かれていますが、実際にはUSB 3.0 Super Speedバスの方につながります。一方、ADATAのHDDは、仕様ではUSB 3.0対応と書かれていますが、システム情報を見ると、最大480Mbpsと出ています。つまり、USB 2.0接続しているということのようです。

ところが、両方に同じWindows 7を入れて稼働させると、TransMemoryの方は時々操作がまったくできない時間がしばらく続くと言った具合で、何か作業ができそうな感じはしません。一方、ADATA HDDはちょっともたつく感じはありますが、一定した応答で十分に使って作業ができそうです。実際、Excelで長時間作業をしたりもしました。

どうも逆の結果としか思えないのですが、そういえば、VMの最適化などはしていないので、もう一度時間ができたら確認をしてみたいと思います。

FileMaker Server 13の「デーモングループ」とは何か?

FileMaker Server 13のインストーラで次の図のような画面が出てきます。FileMaker Server 12までは、fmserverという決められたユーザでしか稼働できなかったのですが、任意のユーザでの実行が可能になったのです。

shot0050

つまり、今ログインしているユーザで稼働させることができるのです。そうなると、FileMaker Server内のフォルダやファイルが、ログインしているユーザが所有者となるため、削除や名前の変更をアクセス権のことを気にしないでできるようになります。自分のMacにFileMaker Serverを入れて開発をしている人に取っては一手間、二手間が減るということになります。以下の図は、私のmsykのアカウントでインストールした結果です。Web用のファイルのフォルダやデータベースのフォルダの所有者がmsykとなり、ログインしている私msykに読み書き権限があります。

shot0052

このように、fmserverアカウント以外での運用をするには、インストーラでインストールするときに指定をします。しかしながら、ログインをしているユーザを単に指定すると次の図のようなシートの警告が出て来て、インストールができません。

shot0051

デーモングループ? なんでしょうか? これ、日本語にすると意味が分からないのですが、OS Xにはdaemonという名前のグループアカウントがあり、そのグループに所属しているユーザでないと、指定ができないですよということです。なので「daemonグループ」と翻訳しないで書かないと意味は通りません。既定値ではdaemonグループには、rootユーザしか登録されていませんが、ここでは私のアカウントmsykを登録しておく必要があります。しかしながら、マニュアルに具体的には書かれていません。システム環境設定ではできません。

では、どうすればいいでしょうか? 以下のように、ターミナルでコマンドをたたいてください。どうしてもGUIで作業したいという方は、「ワークグループマネージャ」をダウンロードしてやれなくはないですが、手順は簡単ではありませんので、ここでは省略します。コマンドの方がはるかに簡単です、と言い切ります。msykの箇所は実際に利用するユーザ名に変えますが、あとはこのままです。2行目は追加されている事を確認するためのコマンドです。

sudo dseditgroup -o edit -a msyk -t user daemon
sudo dseditgroup -o read daemon

2つ目のコマンドでは、daemonグループに関するさまざまな情報が表示されるので、その中で、グループに含まれるユーザを示すdsAttrTypeStandard:GroupMembership以降にユーザ名が追加されているかを確認します。インストールの途中でターミナルを立ち上げて作業してもOKでした。

こんなコマンドは見た事がない? そんな方は、こちらの書籍をお勧めします(さりげない宣伝)。アカウントについても詳しく書籍で紹介があります。

こうしてインストールすると、fmserverdなどのデーモンやWeb共有のhttpdといったプロセスは、全部msykアカウントで稼働します。セキュリティ上大丈夫なのかと気にする人もいらっしゃるかもしれませんが、FileMaker Serverに変なバグがなければ大丈夫です。Webで公開するものは気をつけた方がいいかもしれませんが、たぶん、自分で開発しているアプリを入れるのが普通なので、通常のWebとは違ってグローバルIPにさらされることはほぼないこともあり、問題になることはほとんどないと思います。もっとも、こういう仕事をしている人は「問題になる状況かどうか」を自分で判断できるものじゃないかとも言えますし、自分で回避できるだろうとも言えます。

「FileMaker® Server 13入門ガイド」のp43に次のような事が書かれています。他のページにはアカウントの事はあまりきちんと書かれていません。インストールのところでも、ここを見ろというリファレンスがあるだけです。

OS X: アカウントは OS X のローカルユーザアカウントであり、ローカルファイルへのアクセス(デーモングループのメンバーシップを含む)に関して fmserver アカウントと同一の権限を持っている必要があります。ディレクトリサービス(Active Directory または Open Directory など)に由来するアカウントは使用できません。リモートボリュームにデータベースまたはオブジェクトデータフォルダを追加して設定する場合、アカウントはこれらのリモートフォルダに対する完全なアクセス権を持っている必要があります。

例によって解釈しづらい文章です。ここで、fmserverアカウントのアクセス権をidコマンドで確認してみます。ここで、1(daemon)、および61(localaccounts)がポイントなのではないかと思います。Open Directoryのアカウントは、localaccountsグループには所属していません。ローカルに作ったアカウントだと、足りないのがdaemonグループへの所属だけなので、前記の方法でFileMaker Serverの実行アカウントとして利用できるようになります。

$ id fmserver
uid=502(fmserver) gid=499(fmsadmin) groups=499(fmsadmin),1(daemon),12(everyone),61(localaccounts),100(_lpoperator),402(com.apple.sharepoint.group.1),240(com.apple.access_loginwindow)

FileMaker Server 13はWebDirectなどいろいろ新しい機能が増えていますが、こういう地道なところでも変化がありますね。

事実上無料になったKeynote、AppleScript対応は大きく後退

OS Xに続き、iWorkも無料になってしまいました。新しいバージョンはツールパレットがなく、ユーザインタフェースも変更されているなど、久しぶりのアップデートで進化したかなと思ったところです。ですが、残念ながら後退したところがありました。

KeynoteやPagesはそこそこAppleScript対応があったので、プレゼンテーションの自動生成に使えていたのです。以下はKeynote Ver.5.3、つまり1つ前のバージョンの用語辞書です。slideというクラスに、bodyやmasterなどがあり、つまりはスライドの中身をスクリプトで構成できるのです。

スクリーンショット 2013-10-26 10.34.12

ところが最新版のKeynote Ver.6の用語辞書はこんなにさっぱりしてしまっています。slideクラスにはプロパティがなく、結果的にこれだと、自動的なプレゼンくらいしか用途はないというところでしょうか。

スクリーンショット 2013-10-26 10.34.54

幸いというか、iWork 09フォルダにあった古いKeynoteはそのまま残っていたので消さずに使い続ける事になりそうです。

Mavericksでは通知センターをスクリプトから使えるようになった

Mountain Lionで登場した通知センターは賛否ありますが、まあ、慣れてくると別に気にならないというか、逆にシステム側で便利につかえるようにどんどんなってきているので、今となってはなくなると不便な人も多いかもしれません。挙動は以前よりシステム環境設定の「通知」で変更はできますが、10.8では、コマンドラインから通知を出せなかったということがあります。しかしながら、それができるようになりました。スクリプトから通知ができます。

そのためのベースの機能は、AutomatorとApple Scriptでの通知のサポートです。それぞれ、次のようなアクションおよびコマンドが追加されています。display notificationコマンドはStandard Additionsにあるので、常に使えるものです。ご覧のように大量にパラメータがある…と思ったら、次のsayコマンドでした。パラメータは4つですね。

スクリーンショット 2013-10-23 13.44.59

スクリーンショット 2013-10-23 13.46.29

このdisplay notificationコマンドをosascriptコマンドで実行してやれば、コマンドラインから通知が可能です。たとえば、こんな感じです。osascriptコマンドの標準入力にAppleScriptのプログラムを送り込めばOKです。

echo ‘display notification “I am a command-line.”‘|osascript

上記のコマンドで、以下のような通知が出てきます。UTF-8での日本語もOKです。

4

パラメータを付けてみます。

echo ‘display notification “コマンドだ!” with title “Terminal” subtitle “ダークサイド”‘|osascript

5

 

通知センターでの表示は、システム環境設定の「通知」で、「AppleScriptエディタ」に対する設定となります。/bin/shとかいった項目が出るのではないということですね。

スクリーンショット 2013-10-23 13.59.29

ともかく、コマンドから通知を出せるようにできるようになるのはうれしいですね。

Mavericksでエネルギー消費をアクティビティモニタで監視

アクティビティモニタが少しすっきりした画面になっていますが、「エネルギー」というタブが追加されていて、エネルギー消費のインパクトになるものが分かります。簡単に言えば「電池を食うアプリケーション」を燻り出すツールでしょうか。

スクリーンショット 2013-10-23 12.50.36

ここでApp Napの列を見ると、App Napの状態に入っているかどうかを確認できるようです。刻一刻と変化するので、「対応しているか」ということではなく、App Napの状態かどうかを示していることになります。

App NapはAppleのサイトよると、バックグランドにあるアプリケーションのCPU使用をぐっと減らしてバッテリーの消費を伸ばすという仕組みです。パフォーマンスも少しは向上するかもしれませねんが、背後で作業をする場合には普通に作業するので、パフォーマンスの向上はわずかになるでしょう。

Appleのサイトでも唱われているSafariの効率化で、背後に回ったタブもApp Napの対象になるとなっています。つまり、Safariのタブは1つ1つ別のプロセスになっているので、事実上、タブ1つが1つのアプリケーションのようなものと思ってもいいでしょう。それらが、別々のプロセスで見えていて、表示していないページの一部はApp Napが機能します。ただし、全部ではないようです。

スクリーンショット 2013-10-23 12.56.42

 

一方、ChromeもGoogle Chrome Rendererというプロセスがアプリケーションの子プロセスになっているので、ページごとに別々のプロセスが描画を担っているようです。しかし、ChromeのRendererは単独でApp Napには入らず、アプリケーション自体だけが背後に回ったときにApp Napに入るのみです。アプリケーションがApp Napに入り、子プロセスがそうでない場合、子プロセスも省電力動作をするかどうかは判断できないところですが、実行機会はすべてのプロセスが持つのですから、親がApp Napだと子供もApp Napということではないと思います。

となると、やはりSafariの方がChromeよりもエネルギー効率は高いのかもしれませんが、よく考えると、ブラウザの種類に限らず、バッテリーを長持ちさせたいのならブラザの余分なウインドウを閉じる方が効果は高いということでしょう。また、使わないアプリケーションも落とすというのが基本ですね。

アクティビティモニタを見ていると、末尾にグレーのアプリケーションがあります。起動しているものもありますが、起動していないものもあります。App Storeアプリケーションがそうなのですが、これはもしかすると、アプリケーション自体が監視のためのデーモンを動かしていることの印なのかもしれません。また、この一覧には原則としてアプリケーションとその子プロセスが見えています。つまり、デーモンはApp Napとは関係ないという事でしょうか(だからAppか!)。

ヘルプを見ると、「高性能 GPU 必要」という項目もアプリケーションごとに出るようで、複数のグラフィックカードがある場合に、高パフォーマンスGPUを使用する必要があるかどうかを示すようですが、私のMacBook Air 2012ではこの列は出せないようです。「表示」メニューの「表示項目」では選択できません。

開発関連の情報を見る限りは、「App Napを有効にする」みたいなフラグがアプリケーションにあるわけではなく、Cocoa Frameworkを使ったアプリケーションには適用されるようなシステム機能と言えます。バックグランドでなるべく何もしないとか、タイマー処理の間隔を広めに取るなどの対策をすることで、よりApp Napに入りやすくなるということのようです。ただ、手元にある比較的古いアプリほど、グレーになっていたりするので、単にCocoaということではなく、一定以上あたしいフレームワークでビルドしないと、App Nap適用されないのではないでしょうか。

[Mavericks] AppleTVデスクトップ拡張でサウンド切り替えに困る

(追加情報)もっと簡単な方法がありました。末尾に追加しました。

OS X Mavericksで便利になった点にAppleTVにAir Playで画面を送る事ができることです。ミラーリングなら前からできましたが、デスクトップを広げる拡張先として、Air PlayのApple TVを使えることです。拡張ディスプレイを、いわばワイアレス接続できるわけです。外部のディスプレイを追加するためにUSBのアダプタを買ったのですが、このアダプタは使わなくなってしまいました。ちなみに、アダプタのUSBドライバはMavericksでは互換性がないとしてメッセージが出てはじかれているので、使えなくなってしまいました。

いずれにしても、Apple TVをAir Play対応にして、Macとペアリングすると、Apple TVをディスプレイとして利用できます(詳しい方法はきっと多くのサイトで紹介されているでしょうから省略)。メニューバーでAppleTVを選択すれば、少し待つと切り替わります。トラフィックの少ないワイアレスネットワークならそこそこ使えますが、せっかくなので、AppleTVもEthernetでつないでしまいました。表示に関する遅れはほとんど感じませんが、時々、微妙な表示途中の状態がチラっと見えることもあります。

pic2

システム環境設定の「ディスプレイ」を見ると、以下のような感じです。このAppleTVは、3rd Generationつまり現行機種です。外見がまったくそっくりな2nd GenerationのApple TVだと、最大解像度が720pまでだったので、Macのディスプレイとして使うためにAppleTVは買い直しました。とは言え、2nd Gen.の方はリビングで使っています。

pic3

こうしてUSBアダプタを使わずに、ネットワーク接続で「画面が広くなる」ということを標準機能だけで実現できるようになったわけです。ただ、ログインの度にApple TVへの接続を手作業でやらないといけないですが、まあ、それくらいはいいとしましょう。起動の度、つまり、毎朝、Apple TVを選択する事になります。

しかしながら、Air Playの送信先を切り替えるため、画面だけでなく、サウンドの出力先も同じApple TVに切り替わってしまいます。私が持っているいちばん音がいいのは、USB接続している初代のSoundSticksなんですが、音を鳴らしながらApple TVに接続すると、サウンドの出力先はSoundSticksから勝手にApple TVに切り替わります。「勝手」じゃなくて「仕様だ」といわれそうな気もますが不便です。なお、Apple TVからさらにAir Playで別のスピーカーを選択していても、Apple TVのサウンド出力、つまりHDMIケーブルで出力された先のディスプレイ等で音が出てきます。Air Playのカスケードはできないということですね。

そこで、Apple TVに切り替えた後、SoundSticksに切り替えたいわけですが、サウンドの出力先の切り替えはシステム環境設定を使う必要があります。メニューアイコンでの切り替えができません。それで、ちょっと不便だなーと思って、メニューアイコンで出力先を切り替えられないか、フリーソフトをあさって見ました。いっぱいあるのですが、比較的シンプルそうなのはこれらです。

SoundSourceは、Mavericksでは起動しませんでした。また、開発元のサイトでもリストアップされていないので、開発はやめているのかもしれません。Audio Switcherは2010年とやや古いのですが、Marvericksでも起動でき使えています。ただし、署名されていないアプリケーションなので、システム環境設定の「セキュリティ」の設定によっては起動しないかもしれません。いずれもアプリケーションなので、利用するには単にダブルクリックだけです。ログイン時に常に使いたい場合には、システム環境設定の「ユーザとグループ」にあるログイン項目への登録を自分で行います。

起動確認できたのは最初の2つで、左側がSound Switcher、右側はVTAudioSwitchです。Sound Switcherは、入力の切り替えができる点と、Preferencesから起動時に選択する項目を指定できることです。出力先の変更はどちらもできますね。右側のVTAudioSwitchはショートカットが割り当てられていますが、アプリケーションのショートカットと当たるのであまり当てになりません。

pic1

ということで、サウンド切り替えもメニューバーからできるようになり、手作業が必要だとは言え、システム環境設定を呼び出すより手軽です。

純正機能でサウンドの出力先を変更できる

標準の機能でできないと思っていたら、メニューバーにあるサウンドのアイコンをoptionクリックしてできることを教えていただきました(ありがとうございます>Miyuki Imaizumi)。左が通常の状態ですが、optionクリックすると、入出力の選択ができますね。悩む必要がなかった(笑)。

2

[IM]PHP Ver.5.3 on OS Xで、APCを稼働させる方法

ファイルのアップロードをするときのプログレスバーを出す方法が「A Simple PHP Upload Progress Bar」というページに紹介されています。シンプルなのでやりやすそうと思われるのか、このサイトのスクリプトを単にコピーしただけのサイトなんかもあります(せめて出展くらい出すべきでしょう)。

当初、動かし方を紹介したサイトはないかと思って探したのが「Mac OS XのPHP 5.3にAPC(Alternative PHP Cache)をインストールする方法」というサイトでした。OS X Lion時代のものなのかこの通りでは動かなかったので、追加で必要な作業をまとめてみました。

プログレスバーを出す仕組みはちょっとややこしいのですが、ポイントの1つはPHPのAPC(Alternative PHP Cache)という機能を利用することです。残念ながら、PHP 5.3では生の状態ではこの機能は使えません。この機能を、OS X Moutain Lion + OS X Server Ver.2.2 + FileMaker Server 12という状況で使えるようにする方法を解説します。PHPは、Ver.5.3.13です。FileMaker Serverでない場合php.iniファイルの扱いが違ってくると思われます。

  1. Webサーバ稼働マシンに、Xcodeをインストールしてください。Xcode 4.6.2で以下の動作は確認しています。
  2. MacPortsをインストールします(インストール済みならもちろん何もしなくてもOKです)。まず、以下のコマンドでダウンロードします。以下のURLはアップデートにより変更されるかもしれません。
    curl -O https://distfiles.macports.org/MacPorts/MacPorts-2.1.3-10.8-MountainLion.pkg
  3. 以下のコマンドでインストーラを使ってMacPortsをインストールします。
    sudo installer -target / -pkg MacPorts-2.1.3-10.8-MountainLion.pkg
  4. 以下のコマンドで、autoconfiをインストールします。
    sudo port install autoconf
  5. 以下のコマンドで、pcreをインストールします。
    sudo port install pcre
  6. 以下のコマンドで、ヘッダファイルの1つをコンパイラが認識するディレクトリにコピーします(参考)。
    sudo cp /opt/local/include/pcre.h /usr/include
  7. APCのソースをダウンロードします。URLはアップデートによって変更があるかもしれません。
    curl -O http://pecl.php.net/get/APC-3.1.13.tgz
  8. アーカイブを展開します。
    tar zfvx APC-3.1.13.tgz
  9. カレントディレクトリに移動します。
    cd APC-3.1.13
  10. 以下のコマンドを入れます。
    phpize
  11. 次のように表示されます。warningがありますが、問題ない模様です。
    Configuring for:
    PHP Api Version: 20090626
    Zend Module Api No: 20090626
    Zend Extension Api No: 220090626
    configure.in:3: warning: prefer named diversions
    configure.in:3: warning: prefer named diversions
  12. おなじみの以下のコマンドでコンパイルします。
    make
    sudo make install
  13. 最後のコマンドで以下のようなメッセージが表示されます。1行目のパスをphp.iniファイルに記述するので、コピーしておくといいでしょう。
    Installing shared extensions: /usr/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626/
    Installing header files: /usr/include/php/
  14. php.iniファイルを変更します。以下のパスは、Mountain Lion + FMS12の場合です。使用する状況に合わせて正しいphp.iniファイルを編集します。もし、ない場合は、/etc/php.iniあたりに作成します。使用しているphp.iniファイルのパスを調べるには、phpinfo関数の出力を利用しましょう。
    sudo nano ‘/Library/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/php/mountain lion/lib/php.ini’
  15. php.iniファイルに以下の3行を追加します。これらの設定をいままで全く行っていないのなら、そのまま追加でかまいません。すでに設定がないかどうかは検索して確認しましょう。
    extension_dir=/usr/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626/
    extension=apc.so
    apc.rfc1867=on
  16. 以下のコマンドを入力して、Apacheに設定変更を適用させます。
    sudo apachectl graceful
  17. phpinfo関数の出力を見て、APCのカテゴリがあることと、apc.rfc1867の値が「On」になっていることを確認します。

ポイントとしては、APCのコンパイルのために、autoconf、pcreが必要である点です。また、APCの設定は既定値ではrfc1867はOffですので、設定ファイルで記述してオンにしておく必要があります。

なぜ、この記事のカテゴリにINTER-Mediatorがあるかというと、この仕組みをINTER-Mediatorに組み込んだからです。

スクリーンショット 2013-06-16 16.44.40

ディスプレイを追加

そういうわけで、BenQの24インチGL2450、USB to HDMI Adapterが到着して、こんな状態になりました。写真がヘタですみません。右が、AppleのLED Cinema Display 27″、左がBenQの24″、右端はMacBook Air、左端はiPad 3rdです。AppleのDisplayの下にはNexus 7とCloud Communicatorなんかもあります。アダプタのドライバは古いものしか製品にはなかったのですが、こちらから最新版がダウンロードできました。

IMG_0018

それで、大画面2台の見え方がけっこう違います。当然、Appleの方がきれいなんですが、まあ、そいういう用途ではなく、ドキュメントなどを開いておくためのものなんで、あまり気にはしていません。ただ、BenQの方はまぶしい…。輝度0にしても、まだまぶしいです。

最初、「システム情報」のシステムレポートで見てみると、2項目は見えたのだけど解像度がおかしいと思ったのですが、ここに見えるのは、MacBook Airのディスプレイチップから接続されている、内蔵の液晶パネルと、Cinema Displayだけのものでした。小さい方の解像度は内蔵ディスプレイです。

ScreenSnapz001

アダプタ+BenQは、システムレポートとしては、USBのカテゴリにしか見えません。これは、「システム情報」がUSBアダプタのディスプレイなどには対応していないということですかね。

スクリーンショット 2013-02-19 11.44.57

 

大画面が2枚欲しい

今の私のメインマシンは、MacBook Air 11″(2012) + Apple LED Cinema Displayです。ディスプレイは前の機材の頃から使っているのです。この数年、だいぶんと視力が悪くなってきて、画面の文字を大きめにしています。XcodeはPresentationの設定がちょうどいい。ということで、大画面でも文字を小さくすると、実質的に「狭い」わけで、ディスプレイの追加を考えました。

AppleのThunderbolt Displayだと2台接続ができるらしいけど、Apple LED Cinema Displayは2台のうちの1台になれないらしい。1台8万円超のディスプレイを2台買うと、いいお値段であり本体より高い。これがいちばん理想的なんだろうけど、ちょっとぜいたくかな。

で、MacBook Airは、Apple製品以外に外付けディスプレイを複数使う方法がないかと思ったら、USBアダプタでどうも可能なようです。まず、これが1つ選択肢。メモリをたっぷり搭載しているので、そんなに重くはならないと思われますが、メーカ保証はないというところ。

別の選択肢は、iPadでAir Displayを使って、iPadからディスプレイにつなぐこと。これを2台目の外付けにするということです。ただ、これはいいアイデアだと一瞬思ったのですが、iPadにディスプレイアダプタをつけたら充電ができない。となると、毎晩、作業が終われば充電のためにつなぎ変えないといけないってことになりますね。さらに、Air Display + Apple TVという回りくどい、けど、ノンケーブルみたいなことを一瞬考えましたがどうだろう。なお、この方法だと、解像度が1080pになるけど、ドット数的にどこまでいけるかですね。直接接続の場合はいいとして、Apple TV経由だと解像度が中途半端になりますもんね。

外付けディスプレイは、Dellの24インチが2万円を切っているけど、21〜24インチだと、量販店でも2万円前後とそんなに高いものではないです。つまり、Apple製品でなければとりわけ安い。ということで、please give me your advices.