Category Archives: AWS

Amazon LightsailにFileMaker Server 19をインストール

FileMaker Server 19 for Linuxが登場したときに、VM上で動かす方法をブログに記載しました。今回は、Lightsail上で動かす方法をまとめておきましょう。Amazon Lightsailは簡単に言えば、Amazon版のVPSサービスです。コア数やメモリなどの設定が何段階かあるのですけど、FileMaker Serverの場合はメモリは4GB以上は欲しいところです。2コアで4GBメモリ、80GB SSDの設定で毎月20ドルです。EC2の同等なものがt3.mediumくらいだとすると、月に30ドルくらいになるので、それよりも安いということと、管理やセットアップが楽というのがLightsailでのマシン利用のメリットでしょう。なお、FileMaker Serverは8GB以上がメモリ推奨値です。4GBで動く保証はもちろんできませんが、大体、2GBだとサーバーは動くけどWeb系が怪しい感じ、4GBだとWebDirectも含めてとりあえず全機能は動くけど負荷増大には弱そう…という印象です。数人で使うサーバーなので、4GBで運用することにしました。

Lightsailによるクラウドコンピューターを用意

実際のセットアップを追っていきましょう。まず、Amazon Web Servicesのコンソールに入り、Lightsailのコンソールに移動します。そして、インスタンスを作成します。以下は、通常は画面を見ながら作業するところですので、設定のポイントだけを説明します。まず、ロケーションは東京を選択してあります。イメージは、Linux/Unixのうち「OSのみ」の「CentOS」を選択します。アプリが入っているものでない方が良いでしょう。

さらにスクロールしてプランを選択します。インスタンス名については、以下は既定値通りにしておきます。これで、画面下にある「インスタンスの作成」ボタンをクリックするだけです。

作成できれば、インスタンスのところにグレーのボックスで表示されます。そのボックスの右上にある点々の部分をクリックすると、ポップアップメニューが出てくるので、そこで「接続」を選択すると、新たなウインドウにコンソールが出てきます。コマンドはあとでまとめて紹介しましょう。ここで、スタティックなIPと、ファイアウォールの設定をしたいので、「管理」を選択します。

静的IPつまりは固定したIPアドレスは、いくつかは無料です。「管理」を選択した後にはそのコンピューターの設定がでできます。「ネットワーキング」のところに静的IPの設定があるので、それをクリックし、どのコンピュータのIPなのかを指定すれば、基本的にIPは割り当てられます。

また、ファイアウォールについても、同様に「ネットワーキング」のところにあるIPv4 Firewallのところで設定します。初期値は22と80番ポートだけが開いています。「ルールを追加」の部分をクリックして、TCPの443、5003、16000を指定して、ルールを追加しておきます。

ターミナル等のSSHから接続したい場合は、ログインのためのキーが必要です。こちらについては、画面上部の「アカウント」と書かれた部分をクリックして、ポップアップメニューからさらに「アカウント」を選択します。そしてページ中央のナビゲーション部分で「SSHキー」を選択します。ここでキーを指定したりもできますが、デフォルトで作られているキーをダウンロードして利用するのも良いでしょう。なお、ダウンロードした場合、そのファイルのアクセス権設定ではグループや全員に対しては何もできなくなっている必要があります。sshコマンドでは、-iオプションで、キーファイルを指定できます。ログインする時のユーザ名は「centos」です。このユーザーはパスワードなしでsudoが可能です。

コンピューターの設定は以上です。

FileMaker Serverのインストール

続いて、FileMaker Serverをインストールします。まずは、OSのアップデートを済ませておきます。

sudo yum update -y

FileMaker Serverのインストールに必要なコマンドのうち、最初から入っていないのはunzipです。unzipコマンドもインストールしておきます。

sudo yum install -y unzip

FileMaker Server 19.2.1のセットアップでは、http24というパッケージに依存しますが、こちらも最初は入っていません。以下のコマンドでインストールをします。これは、ClarisのKnowlege Baseにも記載されています。このcentos-release-sclはいろいろなソフトウエアが含まれています。その中に含まれているApacheとSSLモジュールを利用する模様です。

sudo yum install centos-release-scl -y

これで準備は完了です。あとはダウンロードしてインストールです。ダウンロードのURLは、ライセンスのページからコピペしてください。以下、XXXで一部を隠しますが、ライセンスを所有されていればわかるはずです。このまま以下のコマンドをコピペしてもダウンロードはされません。その後、unzipで展開しておきます。

curl -O https://downloads.claris.com/XXX/fms_19.2.1.23 .zip
unzip fms_19.2.1.23.zip

なお、この方法での入手だと、ダウンロードが途中で止まる場合もあります。その場合は再度トライする、あるいは一度PC/Macにダウンロードして、scp等でクラウドのコンピューターに転送しましょう。

rpmファイルが展開されれば、それを指定してyumでインストールをします。こちらの詳細は、VM上で動かす方法をご覧ください。

sudo yum install -y filemaker_server-19.2.1-23.x86_64.rpm

証明書を取得してインポート

続いて、Let’s Encryptで証明書をインストールします。設定方法は、こちらの記事を参考にさせてもらいました。このコンピューターのIPアドレスには、fms.msyk.netというFQDNと関連づけてありますので、以下はこの名前をそのまま使います。

まずはcertbotのインストールですが、いきなりはインストールできず、次の2つのコマンドを入れます。apacheプラグインは不要かもしれませんが、一応入れておきます。

sudo yum install epel-release
sudo yum install certbot python-certbot-apache

続いて証明書を発行します。

sudo certbot certonly --manual -d fms.msyk.net --agree-tos

途中で処理が止まって入力待ちになります。以下のように、通知が送られるメールアドレスを指定します。

Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
Plugins selected: Authenticator manual, Installer None
Enter email address (used for urgent renewal and security notices)
(Enter 'c' to cancel): msyk@msyk.net
Starting new HTTPS connection (1): acme-v02.api.letsencrypt.org

メールアドレスを共有するかどうかを、YかNで指定します。

Would you be willing, once your first certificate is successfully issued, to share your email address with the Electronic Frontier Foundation, a founding partner of the Let's Encrypt project and the non-profit organization that develops Certbot? We'd like to send you email about our work encrypting the web, EFF news, campaigns, and ways to support digital freedom.

(Y)es/(N)o: Y
Account registered.

続いて、チャレンジ、つまり一種の認証設定を行います。以下のようにターミナルで出ている状態になったら、リターンキーを押さずに、別のウインドウでログインします。

別のウインドウで、同じコンピュータにログインしたら、前述のメッセージのように、Web公開された場所に指定された名前のファイルを作り、その内容を指定通りにします。まず、FileMaker Serverは、/opt/FileMaker/FileMaker Serverディレクトリにあります。そこにある、HTTPServer/htdocsが、Webサーバーのドキュメントルートです。例えば、以下のように作業を行います。途中でエディタで作業をするのが手軽だと思うので、最初にnanoを入れていますが、適当なエディタを使ってOKです。パスを掘り、URLの最後の長い名前のファイルを作ります。もちろん、ファイル名は、ウインドウからコピペしてください。

sudo yum install nano -y
cd /opt/FileMaker/FileMaker\ Server/HTTPServer/htdocs
sudo mkdir -r .well-known/acme-challenge
cd .well-known/acme-challenge
sudo nano q3mLUhDwx-9PFQ4PihyvUJfQAlQ-PVqE0SV3KBTxx4g 

エディタでは、ターミナルに見えていた「Create a file containing just this data:」の次の行の文字列(q3mLUhDwx-9P…Vnu6zbvyJgTsの文字列)を入れてファイルとして保存します。このファイルの中身も、もちろん、ウインドウからコピペします。上記のような方法で作ったファイルはrootユーザー&rootグループになりますが、読み込み権限だけがあればいいので、全員に対するrが効いて問題なく処理できます。

ここまで準備ができれば、ターミナルの「Press Enter to Continue」と見えているウインドウに戻り、リターンキーなどを押して先に進めます。これで、通信とチャレンジが行われて、証明書が作成されます。以下のようにメッセージが出ますが、Congratulations!と出ていれば成功でしょう。その次の行以降に生成された証明書のパスが見えています。

 Waiting for verification...
 Cleaning up challenges
 Subscribe to the EFF mailing list (email: msyk@msyk.net).
 Starting new HTTPS connection (1): supporters.eff.org
 

 IMPORTANT NOTES:
  - Congratulations! Your certificate and chain have been saved at:
    /etc/letsencrypt/live/fms.msyk.net/fullchain.pem
    Your key file has been saved at:
    /etc/letsencrypt/live/fms.msyk.net/privkey.pem
    Your cert will expire on 2021-03-30. To obtain a new or tweaked
    version of this certificate in the future, simply run certbot
    again. To non-interactively renew *all* of your certificates, run
    "certbot renew"
  - If you like Certbot, please consider supporting our work by:
 

    Donating to ISRG / Let's Encrypt:   https://letsencrypt.org/donate
    Donating to EFF:                    https://eff.org/donate-le 

証明書をFileMaker Serverに読み込みます。ここで生成した証明書へのパスの途中にある/etc/letsencrypt/liveがrootだけに読み書きができるディレクトリなので、このままだとFileMaker Serverはファイルの読み込みができません。そこで、以下のように、FileMaker Serverの中のCStoreディレクトリに一度証明書ファイルをコピーしてfmsadminコマンドで読み込むことにします。

cd /opt/FileMaker/FileMaker\ Server/CStore
sudo cp /etc/letsencrypt/live/fms.msyk.net/*.pem .

これで、証明書などのファイル4つ(cert.pem、chain.pem、fullchain.pem、privkey.pem)がCStoreに読み込まれます。通常は同名のファイルは最初からはありませんので、コピーして問題はないでしょう。また、ファイルの所有者とグループはrootになりますが、全員に対して読み込みができるので、アクセス権については問題ありません。そして、CStoreディレクトリがカレントであることを確認して、以下のコマンドで、FileMaker Serverに証明書を読み込みます。以下のコマンドは1行です。

fmsadmin certificate import cert.pem  --intermediateCA chain.pem --keyfile privkey.pem

これで証明書がセットアップされました。3ヶ月後に失効しますが、その時に対処を考えるとして、お疲れ様でした。

FileMaker Cloudから今後のFileMakerベースのWeb開発を考える

日本市場のユーザーはまだ使えないものの、FileMaker ServerをAmazon EC2上のLinuxで稼働させるFileMaker Cloud 1.15がリリースされ、多数のドキュメントが公開されました。確定情報や、将来構想も含めてここ3、4年の動向を検討できる材料が揃ってきています。

FileMaker 15が最新の現在において、FileMakerデータベースをそのままブラウザから利用できるWebDirectがFileMaker社一押しのWebソリューションであることは言うまでもありません。HTMLなどのコーディング不要であり、FileMaker Pro/Advancedで開発したデータベースをWebでそのまま利用できます。もちろん、一部に要注意点はありますが、そのあたりはドキュメントが完備されている上にあちらこちらのブログやBBS、そしてFileMaker Communityを検索すれば、何かしら解決できる状態になっています。いわゆる「Web特有の開発作業」をしなくてもWeb化できる点では非常にいいソリューションですが、一方、接続ライセンスが必要になることもあって、不特定多数を対象とするWebサイトの場合、ライセンスの範囲内に留めるための工夫が必要になります。技術的に算出は可能なものの、予測が当たるか当たらないかと言う要素は排除できず、一定の確率でアクセスできない場合が出てくることになります。自社向けの業務系システムでは問題ないものの、Webの世界は色々なサイトの利用のされ方があり、そうした要求を満たすにはWebDirectにだけ頼れないという実情があります。WebDirectはFileMaker 13より正式リリースされいくつかのバージョンを経て完成度は上がってきており、近々は細かなアップデートや「より正確な動作」を目指す段階に入っていると言えるでしょう。

一方、カスタムWeb、つまりXML共有やPHP共有を利用したWebシステム構築は、古い仕組みのままでした。特にXML共有はFileMaker Ver.5.5時代のものから本質的には変わっていません。一時期のインスタントWebはデータベースの再現性の低さもあり、プログラミング言語による開発が必要なカスタムWebと用途を分かつような感じでした。もっとも、インスタントWebでできないことが多かったので、カスタムWebに頼らないといけない状況でした。しかし、FM13よりWebDirectが登場しました。カスタムWebは無くなってしまうのではないかという予測はその前後からあったものの、FM15現在、若干の機能アップをしながら本質的には同様な仕組みがずっと搭載されています。カスタムWebはライセンスに縛られないで利用できる場合が一般的なので(ボリュームライセンスは同一組織に縛られる)、不特定多数が参照するサイトにおいても、ライセンス不足で参照できないということを配慮しなくてもよく、マシンパワー的な問題を考慮するだけでWebサイトを構築できました。

ところが、FileMaker CloudはカスタムWebを非搭載となっています。今年のDevConでのセッションの1つSneak Peak: Overview of the FileMaker Cloudでは、Cloudの構成についてすでに公開されており、こちらの内容を見る限りはカスタムWebはCloudには搭載されません。しかしながら、「FileMaker Data API」というRESTベースの機能がCloudに搭載される予定のようです。今回の最初のリリースにはこのAPIは含まれていないことから、順次あるいは次のメジャーアップデートではその方向で開発をしているということになります。そして、興味深いのは、カスタムWebはいつまで使えるのかということです。ここからは完全に予測ですが、FileMaker 16でFileMaker Data APIがCloud及びWindows/Mac対応のFileMaker Serverにも搭載され、FileMaker 18か19くらいまでカスタムWebが使えるというくらいになるのではないでしょうか。両方が並立する期間が数年はあると予測します。根拠は、FileMaker社がのDeprecated Features(使用できなくなった機能)として、ある機能がなくなる場合にはいくつかのバージョンをまたいでアナウンスをしていることがあります。カスタムWebがなくなるというアナウンスはないので、次のFM16には搭載されると予測できます。

しかし、何れにしても、3年を超える範囲を考えれば、そろそろカスタムWebの終焉を視野に入れる時がとうとうやってきたのかもしれません。もちろん、FileMaker Data APIが次のターゲットではありますが、システム単位ではもっとドラスティックにFileMakerを使わないという選択肢を考えることもあり得るでしょう。

もう1つ、前述のDevConのセッションの内容では、LDAP/Active DirectoryからOAuthベースへの移行を行うとしています。これをWindows/Macで稼働するFileMaker Serverでもその方針で進めるかどうかは微妙かと思います。これらディレクトリサービスによる認証は、WindowsやMacではOSに搭載されているから組み込まれた機能であって、Linuxでも同様な実装はできたはずです。しかしながら、FileMaker Cloudは独自に用意したインスタンスでありそこを見直して、いっそのことWebやその他、様々な状況での運用が可能なOAuthにするということでしょう。これは、うまくすると、GOで一度認証すると、同じサーバーで運用する幾つかのデータベースへのアクセス時には、本来の意味のシングルサインオンが機能して、ユーザー名やパスワードの入力が不要になるかもしれません。Macの中で実現していたことが、GO/Windows/Mac/DirectWebとシームレスに認証結果を共有できるようになるのだとしたら、素晴らしいでしょう。したがって、OAuthをFileMaker社の各アプリケーションが背後で実装していて、ユーザーは気づかないうちにその恩恵を得ている…というシナリオが理想です。さて、実際にどうなるのかは運用してみないとわかりません。何れにしても、FileMaker Data API時代のWebアプリケーションは、OAuth対応を考える必要が出てくると思われます。

最後にINTER-Mediatorです。もちろん、カスタムWebベースでの稼働はFileMaker Serverのサポートが続く限り継続させますが、FileMaker Data APIへの対応は必定であることは言うまでもありません。現在はスペックも、テスト稼働もできないのでなんとも言えませんが、開発ができるようになった段階からなるべく早く開発を進める予定です。

FileMaker Cloud残念ながら稼働せず

昨夜というか未明にインスタンスを作りました。ヘルプによると、メールがきて、そこにセットアップするためのページを表示するリンクがあるのですが、昼過ぎてもメールは来ません。なるほど、そうやって、US/Canada以外には使わせないようにしているのか!というところです。多分、Amazonの顧客情報のリージョンによって、メールの発行をコントロールしているのでしょう。FileMaker CommunityではすでにCloudの話題が流れているので、USの利用者は使用を開始しています。ヘルプ画面を見るしかないので、FileMaker Cloud Supportのリンクを紹介しておきます。

ここからは想像です。セットアップの画面のヘルプを見ると、Amazonのアカウント番号、そして自分で決めるホスト名などを入力します。どうも、自分自身のインスタンスへのアクセスURLは「ホスト名」を含むURLとして決められるみたいです。Amazonのアカウントを知らせれば、背後でどのインスタンスが未セットアップなのかは分かります。ヘルプを見ると、「FileMaker Cloud」というシステムがAWS内で動いているようです。Cloud利用可能なユーザーに対して、そのユーザーのインスタンスとは別のセットアップシステムで入力すると、ターゲットとなるインスタンスに対して変更を行うような仕組みになっているのだと思われます。したがって、セットアップのURLをメールで知らせてもらわないと絶対にわからないし、知らせてもらったとしてもAmazonの顧客情報を付き合わせれば、未提供のリージョンであれば何もしないというどうさになるのかもしれません。

そんなわけで、残念ながら、日本のユーザーはインスタンスのセットアップまでしかできないということになります。

FileMaker Cloudまだ使えず

EC2にインスタンスを作ったら、メールが来て、最初のセットアップができるようにヘルプには書かれています。しかしながら、1時間ほど待った今、まだ来ません。ということで、もう少し追加情報や検討ポイントを書いておきます。ちなみに、英語のサイトでは、Cloudのマニュアルページがすでに用意されていました。

まず、インスタンスを作った時に自動的に作られるセキュリティグループにファイアウォールの設定がありますが、「インバウンド」を見ればわかりますけど、ちゃんとFileMakerのデータベースのポートである5003が開いています。80, 443はいいとして、SSHは開いていません。しかしながら、編集ボタンを押して、SSHを追加すれば、通常の手順でSSHに接続できます。接続方法はコンソールのインスタンスで「接続」ボタンをクリックして確認できますが、デフォルトのユーザー名は「centos」であってrootではありませんので注意しましょう。当然ながら、インスタンスを作った時にキーファイルが作られてダウンロードしていると思いますが、こちらもアクセス権をmacOSだと600にするなど、sshの作法に従って作業をします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-1-01-16%ef%bc%882%ef%bc%89

SSHで接続してみて見ると、Apacheもnginxも上がっていません。しかも、TCPで1つもポートが開かれていない。この状態ではデータベースはもちろん、外部から接続のしようがないように思います。それにヘルプに書かれた「メール」がない状況を考えて、がっつり推測ではありますが、この状態でなんらかのアクティベーションをFileMaker側で行うのではないかと考えました。どうでしょう。従来のライセンスを使う場合だと、FileMaker Storeでアクティベーションするのだから、なんらかのアクティベーションがあるのは確実ではないかと思った次第です。とすれば、確かに日本の顧客であればアクティベーションをしないという対処も可能かもしれません。ですが、これは推測です。

さて、ライセンスです。作業中に見えた別のページを見ると、Amazonに対してAMIの利用料を年間で払うプランもあるようです。これだと、年間880ドルだから、FileMaker ServerのAVLAより高いけど、まあべらぼうに高いわけではありません。これまで通り、FileMaker社から購入したライセンスでも、Amazonに対して年間あるいは時間で課金した料金でも支払えるようになっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-1-13-00%ef%bc%882%ef%bc%89

ちなみに、FileMaker Server 15は当初は、Windows ServerかOS Xでの運用しかできなかったのです。Linuxで稼働するサーバーは皆が(特にSI関係者は)熱望していたと思います。FileMaker 5.5のサーバーではLinux版もあったものの、FileMaker 7でWindows/Macだけになって10数年経過して、Linux対応していたのも忘却の彼方です。

サーバーなのでLinuxで稼働させるのはそんなに難しい話ではないと思いますが、おそらくLinuxで稼働させるとなると無数のディストリビューションがあることから、サポートコストがかさむことを懸念したのだと思われます。しかしながら、Amazon EC2のAMIで提供すれば、プラットフォームはAmazonだけだし、課金のシステムも完備です。サポートは最小限になるし、きちんとライセンス料を取れる仕組みであることを考えれば、仕組み自体は非常にうまく考えられています。

FileMaker Cloudのバージョンは、「FileMaker Cloud 1.15.0」となっています。1.がついている。FileMaker Pro/GOは15.0.2を使えとなっています。FAQを読むと、書き込み権限があるのはDocumentsフォルダなど限られており、サーバーサイドのスクリプトには注意が必要でしょう。といいつ、これはMacOSでは同様でした。スケジュールスクリプトが組めないというのも注意が必要でしょう。今後、アップデートでできないこともできるようになって欲しいものではありますが、ともかく、カスタムWebが動くようにして欲しいです。新し目のXMLスキームだけでもいいですから。

FileMaker Cloudが出たぞ!

突然、FileMaker Cloudがリリースされました。FileMaker Server 15のクラウド版ですが、Amazon Web Serviceで稼働するFileMaker Serverです。CentOS 7ベースです。なんと、カスタムWebは動かないので、INTER-Mediatorでは利用できません。他に、LDAP/Active Directoryのアカウントでのログイン機能もありません。ESSはサポートはしますが、ドライバが非対応ということはちょっと簡単ではなさそう。その他諸々いろんなチェックポイントがあります。

しかし、よく見ると、「FileMaker Cloud is currently only available in the United States and Canada.」と書かれている。日本のお客様はお預け〜!? ってことではいさようならとは行きません。AWSでどうやって日本からのアクセスを切るのかいなと思いつつ、AWSにログインして、リージョンを「バージニア北部」にします。そして、EC2のインスタンスを作って見るわけですが、ここで、AWS Marcketplaceを選択してFileMakerで検索すれば、あらあらちゃんと出て来ますね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-0-29-05%ef%bc%882%ef%bc%89

一番規模の小さいのを選ぶと、ちゃんと値段もわかります。この「時間課金」というのはAWSでの一般的な課金方法です。FileMaker社からライセンスを買わなくても、時間課金ができるとは言え、よく見てください。最低の構成でも1時間が1ドル強、上がっても1.229ドル/時間。要するにアマゾンの費用に比べてFileMakerのライセンス料が異様に高いのです。月間30×24=720時間として、732ドル、ということで、月間7〜8万ほどかかります。まあ、こちらを選ぶ人は少ないでしょう。FileMakerからライセンスを買って使ってください。なお、その場合、AMIの選択肢が違います。ライセンスを自分で持っている(BYOL)人向けのAMIがあったりします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-0-33-22%ef%bc%882%ef%bc%89

ここで、「お金を払っても試して見るか」と腹をくくったのですが、よく見ると、15日はフリーライセンスということで、Amazon側のEC2使用料のみで、15日は使えます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-0-35-36%ef%bc%882%ef%bc%89

そういうわけで、なぜ日本では「入手できない」となっているのか?AWSは全世界に共通のサービスをしているのだから、昔の代理店ビジネスのようなことは最初からできるわけがないことは明白なのにどういうことでしょうね。

ということで、操作等より詳細を知りたい方は、インストール後に出て来たヘルプのページをご覧いただくと早いでしょう。

第1弾は以上!