Monthly Archives: February 2010

[IM]ノードの展開

もとになるHTMLによるDOMがあって、そこからデータベースのデータに置き換わったノードが展開される様子を一般的に記述できるように、改めて解析を行います。概ね、左の図がもとのDOMで、エンクロージャーを起点にしてリピーターが展開されれたものが右側です。リピータの繰り返し処理を行う場合、リピーターはいったんエンクロージャーの子ノードではなくし、そのクローンを作ってデータベースからのデータを設定し、エンクロージャーの子ノードとして追加するという作業を行います。つまり、R10はノードのひな形であり、実際にデータベースの内容を展開するのは、そのクローンであるR11、R12…です。R10に含まれるリンクされた要素のL101は、データベースの値を設定された場合にはL111、L121となっています。いずれにしても、この番号付けのルールはうまく重複は存在しません。ただし、単に十進数にすると、桁が増えたときの問題になりますので、ユニークな識別子は各桁をハイフンで結ぶなどする必要があります。最終的には、各ノードのidフィールドを与える必要があるので、「R-1-2-1-1」のような各桁をハイフンで区切った文字列を識別子とします。このような識別子にしておけば、リンクされた要素からエンクロージャーやリピータを見つけるのがやりやすくなります。なお、リピーターが複数の要素からなる場合は、「R-1-2-1-1-1」のように一桁多くしておきます。リピーターは「R」以下、偶数桁なので、奇数桁となっている場合には末尾が複数の要素の何番目かを示すものであることが分かります。また、数値の0はひな形、1以降が展開された要素を示すというルールにします。

76896

 

この図から、一連の処理を以下のように組み立てることができることが分かります。これにより、リカーシブにノードをたどることで、すべてのエンクロージャー/リピータをデータベースの内容に置き換えて複製展開できます。つまり、seekNodesとexpandEnclosureを順次呼び出すことで、展開ができるということになります。

  1. seekNodesにより、最上位のノードから見たときに最初に到達されるエンクロージャーが見つかる
  2. そのエンクロージャーに対してexpandEnclosure関数を実行する
  3. expandEnclosureでは、リピータをエンクロージャーから取り除き、そのクローンを作って複製する用意をする
  4. 続いて、リンクされる要素を探し出してリストアップする
  5. リストの情報からデータベースヘ接続し、関連付ける必要のあるデータを得る
  6. レコードの数だけリピータの複製、データの埋め込み、エンクロージャーへの追加を行う
  7. リピーターを起点として、seekNodesによりエンクロージャーを見つける
  8. エンクロージャーに対してexpandEnclosure関数を実行する
  9. …以下繰り返し

 

ここで考える必要があるのは、主キー/外部キーのデータを伝達する必要があるということです。expandEnclosure関数ではデータベースにアクセスしてデータを取り出しますが、そのとき、現在のエンクロージャーの上位のエンクロージャーで展開しているリピーターとの連動が必要です。すなわち、上位から、テーブル名、主キーフィールド名、その値をもらわないといけません。つまり、expandEnclosure関数で、これらを引数として引き渡す必要があります。そして、現在のエンクロージャーのリピーターを展開するためのデータを得る時、リピーターに対応するテーブルにおいて、上位のリピータととのリレーションが設定されているかどうかを確認し、設定されているようなら、上位のエンクロージャーからの情報を検索条件に含める必要があります。

なお、このあたりで、ずっと関数で書いていたプログラムを、オブジェクトにカプセル化することにします。当面、外から呼び出すのに必要なメソッドはないので、単にこれまでに書いて来た関数を、以下のようにコンストラクタの中に閉じ込めてしまうことにします。

function INTERMediator( rootNode ) {
 
seekNodes( rootNode );
      :
}
}

 

[IM]リピーターとエンクロージャーの識別

HTMLドキュメントからリピーターを検出し、データベースのないように置き換えるための処理手順を検討します。ここで、ドキュメント内のノードの一部を取り出したものが以下の図です。「エンクロージャー」「リピーター」に加えて、データベースのデータを受け入れる「リンクされた要素」があるものとします。

a2ba5

.5までは、リンクされた要素はINPUTなどいくつかの種類のタグのみで、ElementsByTagNameメソッドで要素を参照して、NAME属性があるかどうかというところをチェックしていました。ここで、リンクされた要素になり得る要素はすべての要素となると、基本的にはドキュメント内のすべての要素をチェックしなければなりません。従って、BODYタグの要素より以下を調べる事になるが、ここで、エンクロージャーが見つかった場合、エンクロージャーよりも下位を走査する必要はない。もしくはしていはいけない。なぜなら、エンクロージャー以下はリピーター要素の複製などによって内容が変わる可能性があるからである。加えて、エンクロージャーが見つかった場合の処理はリピーターの中でカスケードされるようにすれば、全体は走査する必要はない。従って、BODY以下は前順走査を行い、エンクロージャーが見つかった場合はエンクロージャー内の複製・展開処理を行い、引き続いては自分の兄弟のノードに移動すれば良いということになる。この考察に基づいて、ドキュメント中の展開すべきところを検知するプログラムとしては以下のようになる。

var bodyNode = document.getElementsByTagName( ‘BODY’ )[0];
seekNodes( bodyNode );

function seekNodes( node ) {
var enclosure = null;
var nType = node.nodeType;
if ( nType == 1 ) {
if ( isLinkedElement( node ) ) {
enclosure = getEnclosure( node );
} else {
var childs = node.childNodes;
for ( var i = 0 ; i < childs.length ; i++ ) {
var checkingEncl = seekNodes( childs[i] );
if ( checkingEncl != null ) {
if ( checkingEncl == childs[i] ) {
expandEnclosure( node );
enclosure = null;
} else {
return checkingEncl;
}
}
}
}
} else {

}
return enclosure;
}

function isLinkedElement( node ) {
if ( node.getAttribute( ‘TITLE’ ) != null ) {
return true
} else {
return false;
}
}

function getEnclosure( node ) {
var currentNode = node;
var encTagCandidate = null;
var encTagCandidateAlt = null;
var encClassCandidate = null;
while ( currentNode != null ) {
var tagName = currentNode.tagName;
var className = currentNode.getAttribute(‘class’);
if ( tagName == ‘TR’ ) {
encTagCandidate = ‘TBODY’;
} else if ( tagName == ‘LI’ ) {
encTagCandidate = ‘UL’;
encTagCandidateAlt = ‘OL’;
} else if ( tagName == ‘OPTION’ ) {
encTagCandidate = ‘SELECT’;
} else if ( tagName == ‘DIV’ && (className != null) && className.match(/_im_repeater/) {
encTagCandidate = ‘DIV’;
encClassCandidate = ‘_im_enclosure’;
}
if ( (( encTagCandidate != null ) && ( tagName == encTagCandidate ))
|| (( encTagCandidateAlt != null ) && ( tagName == encTagCandidateAlt ))
|| (( encClassCandidate != null ) && ( className.indexOf(encClassCandidate) >= 0 ))) {
return currentNode;
}
<div class=”wiki_entry”> currentNode 2010-03-08 02:49:24
=”Apple-tab-span”> </span>currentNode = currentNode.parentNode;</div>
}
return null;
}

function expandEnclosure( node ) {

}

[IM]INTER-Mediatorのアーキテクチャ見直し

INTER-Mediator Ver.0.5まで来たところで、見直しを始めました。現状、それなりに動いているのですが、「選択入力」の実現を考えていたときにちょっと壁があることが分かりました。選択入力は簡単ですが、「状況に依存して選択肢が変化する」までを視野に入れると、今のままではスマートな解決方法はありません。もちろん、いかにも取って付けたような対応は可能ですが、それだと美しくありません。加えて、現状では、リスト形式の画面のとき、リストの1行1行からのリレーションがあるような場合にうまく対応できません。これらを考えて、いろいろな状況に対応できるように、データベース処理をより汎用化することを考えました。

Ver.0.5までのアーキテクチャだと、「リレーションのリレーション」ができません。一方、リレーションをいくつも定義できれば、「状況に依存して選択肢が変化する」ができるのです。つまり、選択肢は、リレーションして絞り込まれた結果であるからです。常に同じ選択肢のものは、そのテーブルとのデカルト積で考えれば良いので、この手法で、選択肢の件は解決するはずです。

Ver.0.5までは、InitializePage関数の引数で、テーブル名/キーフィールド名/外部キーフィールド名、を指定していますが、外部キーフィールドが、どのテーブルのどのキーに対応するものなのかを指定する必要があります。1つ目のテーブルの場合や、相手のテーブルのキーフィールドに対応する場合には省略可能とすると、シンプルなものであれば現状と変わらないと言えるでしょう。

そこで、InitializePage関数の第一引数で、’foreign-key’ というキーに対してテーブル名を記述していたのを、以下のキーと値を持つ配列で定義することにします。

  • ‘field-name’:外部キーフィールド名
  • ‘table’:対応するテーブル名
  • ‘key’:対応するテーブルのキーフィールド名

一方、現在は繰り返しは1つのTRタグの繰り返しです。テーブルのデザインによっては、複数のTRで1つのレコードを表現し、それを繰り返したいこともあります。また、UL/OLもあるし、SELECT/OPTIONもある意味繰り返しです。DIVを繰り返したいと思う事もあります。そこで、汎用的な繰り返しを実現するために、リピーターとエンクロージャーを定義します。HTMLページは要素の繰り返しですし、要素に要素が含まれることになります。ここで、1つのノードを「エンクロージャー」とし、その中にあるあるノード以下の全てのノードを「リピーター」とします。元のドキュメントで、エンクロージャーとリピーターが認識できれば、リピーターを繰り返しデータベースのデータに置き換えることで、繰り返すレコードをドキュメント内に展開できることになります。右側はノードとして見たときの関係を示した図です。

f7d47

リピーターとエンクロージャーとして、以下のようなものをサポートする事にします。テーブル、項目リストはもちろんですが、SELECTも同様な仕組みです。また、汎用的にDIV要素と既定儀のクラス名で、リピーター/エンクロージャーのセットを定義できるものとします。DIV以外は、リピーターとエンクロージャーはノードの階層関係の上では親子関係になっていることになります。リピーターとエンクロージャーの間にノードがあっても良いということになると、今度は繰り返しをつなぐポイントを定義しないといけないことになるので、DIV要素の場合も直接の親子関係にあるものとします。ただし、そうなれば、DIV要素の双方にクラスを付けることは不要であるとも考えられますが、これは後からの検討課題とします。

リピーターとエンクロージャーとして、以下のようなものをサポートする事にします。テーブル、項目リストはもちろんですが、SELECTも同様な仕組みです。また、汎用的にDIV要素と既定儀のクラス名で、リピーター/エンクロージャーのセットを定義できるものとします。DIV以外は、リピーターとエンクロージャーはノードの階層関係の上では親子関係になっていることになります。リピーターとエンクロージャーの間にノードがあっても良いということになると、今度は繰り返しをつなぐポイントを定義しないといけないことになるので、DIV要素の場合も直接の親子関係にあるものとします。ただし、そうなれば、DIV要素の双方にクラスを付けることは不要であるとも考えられますが、これは後からの検討課題とします。

リピーター エンクロージャー
TR要素、TR要素の配列 TBODY要素
LI要素、LI要素の配列 OL要素、UL要素
OPTION要素 SELECT要素
DIV.im_repeater要素 DIV.im_enclosure要素

Ver.0.5までは、リピーターとエンクロージャーは明確に識別はされていませんでした。というのは、TABLE要素にある1つのTR要素を繰り返すというルールだけだったからです。ドキュメント内のINPUTタグの要素を検索し、それを含むTRを探し、さらにTRを含むTABLEを探すということを行っていたのです。従って、INPUTタグに何らかの識別マーク(具体的にはNAME属性)を付けることで、そこからリピーターとエンクロージャーを自動的に探す事ができます。また、リレーションも2段階までだったので、見つけたエンクロージャーに対してデータベースからの読み込み結果を適用すれば済みます。

アーキテクチャを変更した後はどうなるでしょうか? ここにはいろいろな問題が発生します。リレーションも多段階であることも考慮すると、ドキュメントからエンクロージャーを見つけて処理するとう方法は限界があります。たとえば、リピーターとして繰り返した要素のさらに下位にエンクロージャーがあった場合はどうなるでしょうか? このことを考えれば、結果的にはドキュメントの要素を順次調べて、リピーターとエンクロージャーを識別し、その都度データベースの差し込みをする必要があります。以後は、Ver.0.5までと同様に、INPUTタグの要素などデータベースのデータと実際に置き換えが行われる要素に「テーブル名」「フィールド名」などの情報を埋め込み、そこからエンクロージャーやリピータを識別することにします。アルゴリズムを考えるときに、リピーターの中にあるエンクロージャーをどう識別するのかということがポイントになると考えられます。

[IM]エンクロージャーの展開の前に

エンクロージャーの展開関数expandEnclosureは作ったのですが、そこに至るまでにいくつかユーティリティ関数を作ったので、それをまず照会しておきます。また、SafariだけでなくIEでも動作チェックを下結果も反映させます。

まず、すでに紹介したisLinkedElement関数は、このままだと、IEでの動作に不都合がありました。Safari/Firefoxだと、getAttributeによって、存在しない属性を指定するとnullが得られますが、IEはnullではなかったので、併せて文字列の長さが0より大きいという条件を付けました。なお、現在はTITLEタグを使ってリンクした要素とすることにしていますが、CLASS属性を使うのがいいのではとの指摘もあります。とりあえずはTITLEで続けますが、CLASSタグを使う場合にはこの関数を改良すればいいということになります。

/**
* Cheking the argument is the Linked Element or not.
*/
function isLinkedElement( node ) {
<div class=”wiki_entry”> // IE: If the node doesn’t have a title attribute, getAttribute doesn’t return null. So it requrired check if it’s empty string.</div 2010-03-08 02:49:50
it’s empty string.</div>
if ( node.getAttribute( ‘TITLE’ ) != null &amp;&amp; node.getAttribute( ‘TITLE’ ).length &gt; 0 ) {
return true
} else {
return false;
}
}
エンクロージャーなのか、リピーターなのかを判定する関数を作って正確には、エンクロージャーの候補となる場合やリピーターの候補となる場合にtrueを返すと言えばいいでしょうか。タグと一部のclass属性の比較だけを行っているシンプルな関数です。

/**
* Check the argument node is an enclosure or not
*/
function isEnclosure( node ) {
<div class=”wiki_entry”><span 2010-03-08 02:49:50
>
if ( node == null || node.nodeType != 1 )
return false;
var tagName = node.tagName;
var className = getClassAttributeFromNode( node );
if ( ( tagName == ‘TBODY’ ) || ( tagName == ‘UL’ ) || ( tagName == ‘OL’ )
|| ( tagName == ‘SELECT’ ) || ( tagName == ‘DIV’ &amp;&amp; className == ‘_im_repeater’ ))
return true;
else
return false;
}

/**
* Check the argument node is an repeater or not
*/
function isRepeater( node ) {
if ( node.nodeType != 1 )
return false;
var tagName = node.tagName;
var className = getClassAttributeFromNode( node );
if ( ( tagName == ‘TR’ ) || ( tagName == ‘LI’ ) || ( tagName == ‘OPTION’ )
|| ( tagName == ‘DIV’ &amp;&amp ( tagName == ‘DIV’ &amp;&amp; className == ‘_im_enclosure’ ))
return true;
else
return false;
}
エンクロージャーのタグに対応するリピーターのタグを戻す関数を以下の通り定義しておきました。これも単なる文字列の関数です。

/**
* Get the repeater tag from the enclosure tag.
*/
function repeaterTagFromEncTag( tag ) {
if ( tag == ‘TBODY’ ) return ‘TR’;
else if ( tag == ‘SELECT’ ) return ‘OPTION’;
else if ( tag == ‘UL’ ) return ‘LI’;
else if ( tag == ‘OL’ ) return ‘LI’;
else if ( tag == ‘DIV’ ) return ‘DIV’;
return null;
}
あるノードがリンクした要素だった場合、そこから親ノードをたぐり、エンクロージャーのノードを求めて返す関数です。見つからない場合にはnullを返します。たとえば、BODY要素の直下にあるINPUTだとnullを返し、結果的にはデータベースとのリンクはなされないことになります。

/**
* Detect the enclosure of the argument node.
*/
function getEnclosure( node ) {
<div class=”wiki_entry”><span class=”Apple-tab-span”> </span 2010-03-08 02:49:50
class=”Apple-tab-span”> </span>var detectedRepeater = null;</div>
var currentNode = node;
while ( currentNode != null ) {
if ( isRepeater( currentNode ) ) {
detectedRepeater = currentNode;
} else if ( isRepeaterOfEnclosure( detectedRepeater, currentNode ) ) {
return currentNode;
}
currentNode = currentNode.parentNode;
}
}
return null;
}
引数に指定した2つのノードが、リピーターとエンクロージャーの組み合わせかどうかを判定します。単にタグと、一部のタグについてはclass属性の値を調べて分岐させているだけです。

/**
* Check the pair of nodes in argument is valid for repater/enclosure.
*/
function isRepeaterOfEnclosure( repeater, enclosure ) {
if ( repeater == null || enclosure == null )
return false;
var repeaterTag = repeater.tagName;
var enclosureTag = enclosure.tagName;
if ( ( repeaterTag == ‘TR’ &amp;&amp; enclosureTag == ‘TBODY’ )
|| ( repeaterTag == ‘OPTION’ &amp;&amp; enclosureTag == ‘SELECT’ )
|| ( repeaterTag == ‘LI’ &amp;&amp; enclosureTag == ‘OL’ )
|| ( repeaterTag == ‘LI’ &amp;&amp; enclosureTag == ‘UL’ ))
return true;
else if ( repeaterTag == ‘DIV’ &amp;&amp; enclosureTag == ‘DIV’ ){</div>
var repeaterClass = getClassAttributeFromNode( repeater );
var enclosureClass = getClassAttributeFromNode( repeater );
if ( repeaterClass != null &amp;&amp; enclosureClass != null
&amp;&amp; repeaterClass.indexOf(‘_im_repeater’)&gt;=0
&amp;&amp; enclosureClass.indexOf(‘_im_enclosure’)&gt;=0 ) {
return true;
}
}
return false;
}
以下の2つのメソッドは、ノードにclass属性を設定する関数と、ノードからclass属性を取り出す関数です。getAttribute/setAttributeで取り出せるのですが、IEはclassName、他のブラウザはclassという属性名を指定する必要があるので、ブラウザによる分岐が必要になります。そのため、関数を作っておくのが得策でしょう。

function setClassAttributeToNode( node, className ) {
if (node == null) return ;
if ( ! navigator.appName.match(/Explorer/)) {
node.setAttribute( ‘class’, className );
} else {
node.setAttribute( ‘className’, className );
}
}

function getClassAttributeFromNode( node ) {
if (node == null) return ”;
var str = ”;
if ( ! navigator.appName.match(/Explorer/)) {
str = node.getAttribute( ‘class’ );
} else {
str = node.getAttribute( ‘className’ );
}
return str;
}