Monthly Archives: December 2013

FileMaker Server 13の「デーモングループ」とは何か?

FileMaker Server 13のインストーラで次の図のような画面が出てきます。FileMaker Server 12までは、fmserverという決められたユーザでしか稼働できなかったのですが、任意のユーザでの実行が可能になったのです。

shot0050

つまり、今ログインしているユーザで稼働させることができるのです。そうなると、FileMaker Server内のフォルダやファイルが、ログインしているユーザが所有者となるため、削除や名前の変更をアクセス権のことを気にしないでできるようになります。自分のMacにFileMaker Serverを入れて開発をしている人に取っては一手間、二手間が減るということになります。以下の図は、私のmsykのアカウントでインストールした結果です。Web用のファイルのフォルダやデータベースのフォルダの所有者がmsykとなり、ログインしている私msykに読み書き権限があります。

shot0052

このように、fmserverアカウント以外での運用をするには、インストーラでインストールするときに指定をします。しかしながら、ログインをしているユーザを単に指定すると次の図のようなシートの警告が出て来て、インストールができません。

shot0051

デーモングループ? なんでしょうか? これ、日本語にすると意味が分からないのですが、OS Xにはdaemonという名前のグループアカウントがあり、そのグループに所属しているユーザでないと、指定ができないですよということです。なので「daemonグループ」と翻訳しないで書かないと意味は通りません。既定値ではdaemonグループには、rootユーザしか登録されていませんが、ここでは私のアカウントmsykを登録しておく必要があります。しかしながら、マニュアルに具体的には書かれていません。システム環境設定ではできません。

では、どうすればいいでしょうか? 以下のように、ターミナルでコマンドをたたいてください。どうしてもGUIで作業したいという方は、「ワークグループマネージャ」をダウンロードしてやれなくはないですが、手順は簡単ではありませんので、ここでは省略します。コマンドの方がはるかに簡単です、と言い切ります。msykの箇所は実際に利用するユーザ名に変えますが、あとはこのままです。2行目は追加されている事を確認するためのコマンドです。

sudo dseditgroup -o edit -a msyk -t user daemon
sudo dseditgroup -o read daemon

2つ目のコマンドでは、daemonグループに関するさまざまな情報が表示されるので、その中で、グループに含まれるユーザを示すdsAttrTypeStandard:GroupMembership以降にユーザ名が追加されているかを確認します。インストールの途中でターミナルを立ち上げて作業してもOKでした。

こんなコマンドは見た事がない? そんな方は、こちらの書籍をお勧めします(さりげない宣伝)。アカウントについても詳しく書籍で紹介があります。

こうしてインストールすると、fmserverdなどのデーモンやWeb共有のhttpdといったプロセスは、全部msykアカウントで稼働します。セキュリティ上大丈夫なのかと気にする人もいらっしゃるかもしれませんが、FileMaker Serverに変なバグがなければ大丈夫です。Webで公開するものは気をつけた方がいいかもしれませんが、たぶん、自分で開発しているアプリを入れるのが普通なので、通常のWebとは違ってグローバルIPにさらされることはほぼないこともあり、問題になることはほとんどないと思います。もっとも、こういう仕事をしている人は「問題になる状況かどうか」を自分で判断できるものじゃないかとも言えますし、自分で回避できるだろうとも言えます。

「FileMaker® Server 13入門ガイド」のp43に次のような事が書かれています。他のページにはアカウントの事はあまりきちんと書かれていません。インストールのところでも、ここを見ろというリファレンスがあるだけです。

OS X: アカウントは OS X のローカルユーザアカウントであり、ローカルファイルへのアクセス(デーモングループのメンバーシップを含む)に関して fmserver アカウントと同一の権限を持っている必要があります。ディレクトリサービス(Active Directory または Open Directory など)に由来するアカウントは使用できません。リモートボリュームにデータベースまたはオブジェクトデータフォルダを追加して設定する場合、アカウントはこれらのリモートフォルダに対する完全なアクセス権を持っている必要があります。

例によって解釈しづらい文章です。ここで、fmserverアカウントのアクセス権をidコマンドで確認してみます。ここで、1(daemon)、および61(localaccounts)がポイントなのではないかと思います。Open Directoryのアカウントは、localaccountsグループには所属していません。ローカルに作ったアカウントだと、足りないのがdaemonグループへの所属だけなので、前記の方法でFileMaker Serverの実行アカウントとして利用できるようになります。

$ id fmserver
uid=502(fmserver) gid=499(fmsadmin) groups=499(fmsadmin),1(daemon),12(everyone),61(localaccounts),100(_lpoperator),402(com.apple.sharepoint.group.1),240(com.apple.access_loginwindow)

FileMaker Server 13はWebDirectなどいろいろ新しい機能が増えていますが、こういう地道なところでも変化がありますね。

[IM] バージョン入りのINTER-Mediatorを生成する

INTER-Mediatorを使って開発をするとき、レポジトリからプルした結果を使うという話を別の記事で書きました。もちろん、動く状態としてそのままをアップしてもいいのですが、ページ最後に出ているINTER-Mediatorの帯のバージョンが@@1@@などといった文字列になっていて、ちょっと雑な感じがすると思います。独自のバージョンと本日の日付を組み込んだ現状のINTER-Mediatorを作るには、dist_docs/buildup.shというスクリプトを使ってください。

たとえば、INTER-Mediatorのディレクトリがカレントディレクトリであれば、

cd dist_docs
./buildup.sh

とコマンドを入力します。すると、だーっと何か出て来て、INTER-Mediatorフォルダと同じ階層に、「INTER-Mediator-4_2.zip」などとバージョン入りのフレームワークが作られます。中身は現状のINTER-Mediatorフォルダの内容とほぼ同じですが、日付とバージョンが入ったものになります。

INTER-Mediator-4_2.zipファイルを展開すると、「INTER-Mediator-4_2」フォルダが出来上がります。現在のINTER-Mediatorフォルダの名前を変えるか削除して、「INTER-Mediator-4_2」フォルダの名前を「INTER-Mediator」フォルダすれば置き換え完了です。同じディレクトリにあるtempフォルダは一時領域なので、これも削除してOKです。

なお、このとき、INTER-Mediatorフォルダと同じフォルダに、yuicompressor-2.4.7.jarファイルがあれば、これを使ってJavaScriptのプログラムを圧縮します。ない場合には圧縮しないで、いくつかあるJavaScriptのファイルを1つにまとめることだけを行います。なお、別のバージョンのものを使う場合には、buildup.shファイルの最初の方にパスを記述する箇所があるので、それを修正してください。

バージョン番号については、同様に、buildup.shの最初の方に記述があるので、それを変更して利用してください。なお、バージョンのルールは次のようにします。

  • バージョン番号は、整数をピリオドで区切ることとする(例:3.4、3.11)
  • バージョン表記は、Ver.を基本とするが、vでもVersionでもversionでも基本的には構わない
  • 整数が2つのものを「正式バージョン」とする(例:3.4、3.11)
  • 開発者が独自にバージョンを付ける場合、3つ目の整数を必ず付ける(例:3.4.1、3.11.133)

つまり、INTER-Mediatorをダウンロードして、実際にアプリケーションに搭載する上で少し修正したとしたら、3つ目の整数で枝番号を付けてくださいということです。できれば、その状態をコミット/プッシュした上で、そのバージョンタグをつけていただけると、自分のバックアップ用にもなると思います。他の人とバージョンが重ならないように、レポジトリをチェックして異なる番号を付けてください。また、3桁目は飛び番号でもいいとしましょう。けっこう緩いルールですね。

 

 

[IM]レポジトリから取り出した結果で開発する

INTER-Mediatorはgithubでソースを公開しています。それとは別にサイトには特定のバージョンのファイルもアップロードしています。バージョンを固定し、フレームワークに手を入れないという前提なら、サイトからのダウンロードした結果をアプリケーションにコピーして使っていただいていいのですが、検証したりあるいはアップデートを取り込みたい場合、それだとファイルコピーを自分でしないといけなくなります。

非常に割り切った言い方をさせていただくと、サイトにある各バージョンのダウンロードファイルは、「それなりにアップデートしている」というアピールのものであると言っていいかと思います。githubにあるものと、サイトにあるものは若干違っていて、後者の方はJavaScriptのソースを一体化しつつYUIで圧縮かけたものですので、若干は動作効率は高いものです。

お勧めするのは、通常の開発は、レポジトリから取り出したもので進めておき、実際にアプリケーションを配備するときに、特定のバージョン向けにビルドしたものに置き換えるということになります。もちろん、それらの相違点に注意は必要かもしれません。また、そうした作業がしやすいように、Ver.3.11をリリース後にレポジトリの内容を大きく変更しました。gitの使い方はいろいろ難しいですが、gitを全く知らない方も、ともかく以下のようにしてみてください。

まず、あるフォルダに作成するWebアプリケーションのファイルをまとめておくとします。そのフォルダを作ります。以下は、Documentsの下にmywebappフォルダを作りました。

Dec 1, 2013, 14.44.15

次に、githubのINTER-Mdiatorのページに行きます。アカウントを持ってサインインしていただくのがいいのですが、なくてもソースのダウンロードは可能です。ここで、中央右付近にあるbranchがmasterになっているのを確認してください。ブランチのmasterがその時点でのコンプリートなソースです。そして、右の方にあるHTTPS clone URLをコピーしておきます。URLが薄く見える右のボタンをクリックすれば、コピーできます。

Dec 1, 2013, 14.45.25

そして、ターミナルを開いてください。次のように作業をします。#以降はコメントです。ファイルパスはもちろん、ご自分の作られているフォルダ構成に従って指定をしてください。

cd ~/Documents/mywebapp  # Webアプリケーションのフォルダをカレントにする
git clone https://github.com/msyk/INTER-Mediator.git  # サーバからレポジトリを複製する

これだけでOKです。すると、mywebappフォルダに、INTER-Mediatorフォルダが作られます。このINTER-Mediatorフォルダがフレームワーク本体となります。この階層に、たとえば、index.htmlファイルやら、アプリケーションのhtml/phpファイルを作って行けばOKです。後はこれをサーバにコピーして稼働を確認します。

Dec 1, 2013, 14.47.28

ここで、レポジトリからクローンしたINTER-Mediatorを参照するには、定義ファイルのcontext.phpはたとえば、次のように記述をします。

<?php
require_once('INTER-Mediator/INTER-Mediator.php');
IM_Entry( .... );
?>

なお、サンプルファイルは、INTER-Mediatorフォルダ内のSamplesフォルダにあります。

もし、レポジトリ側に新しいソースコードが加わっていれば、以下のようにコマンドを入れれば、最新版を取得できます。INTER-Mediatorフォルダをカレントにして、git pullとすればいいです。

cd ~/Documents/mywebapp/INTER-Mediator
git pull

念のために説明しておきますが、pullは最新版に更新するという使い方は非常に稀で、正しくは別のレポジトリの修正を取り込むという意味合いがあります。ソースコードをメンテする上では単なる更新ではないのですが、ソースを利用する側の方から見れば更新コマンドと思っていただいて概ねいいかと思います。もし、自分でフレームワーク側のソースを修正された場合には、単純ではありませんので、ここではソースは参照だけでタッチしないという前提で、説明をここまでとします。

gitには実に多彩な機能があり、ここまでに説明した手順はほんとうにその一端でしかないのですが、これだけを知っていれば、とりあえず大丈夫かと思います。もし、フレームワーク側の修正結果をコミットしていただけるなら、それなりにコマンドを打ち込むか、あるいはアプリケーションを使うことになるかと思いますが、取り出すだけなら上記の手順以上はほとんどないと思います。

gitを使った場合の質問がある場合は、FacebookのIMのグループで質問を出してください。