Monthly Archives: March 2010

[IM]テーブル名とフィールド名のルール

これまでのプログラミングで、元になるHTMLから、リンクした要素を拾い出し、リカーシブに集めることができるようになっています。集めたノードの配列から、あるリピーターに対するテーブル名とフィールド名のリストがデータベースアクセスには必要です。

INTER-Mediator.jsのexpandEnclosure関数でこれらの処理を続けています。リンクした要素は配列linkDefsに入ります。INPUT/TEXTAREA/SELECT要素があると、それを書き戻す処理を追加する必要があるので、これらがあるかどうかのチェックを行います。それを行いながら、リンクした要素の定義を連想配列に入れ直しておきます。入れ直した結果は配列linkDefsHashです。

そして、それらの中で、いちばん多く指定されているテーブル名を取り出し、リピーターに対応するテーブルとします。テーブル名 ” もありとして、これは定義の最初のテーブルを取得する事にします。このルールで運用すれば、一連のリンクした要素ではすべての定義にテーブル名をきちんと入れる必要はなく、最低でも1つ入っていればいいわけです。

しかしながら、テーブル名が2つ以上ある場合はどうなるかと言えば、そのうちの1つのテーブル名が使われ、テーブル名を省略している定義の場合は決定されたそのテーブルのフィールドであると見なします。結果的に使われないリンクした要素が登場することになります。異なるテーブルを指定したリンクした要素があれば、ノードツリー上で前にある方の設定が有効になります。いずれにしても、1つのテーブルを決定し、それ以外のテーブルの指定のリンク要素は無視となります。

ここまでのプログラミング結果は、githubの以下のURLで参照できます。(こういう使い方できるのですね〜)

http://github.com/msyk/INTER-Mediator/tree/4bc62c2235d65e7c28097be419bb4fc43635dc60

続いて、いよいよ、データベースとの連携部分の再構築を行います。ここまでのプログラミングを行いながら、HTMLソースを極力いじらない手法を取ることを実現すべく、Ver.0.5までの「HTMLソースにPHP関数を入れる」というのではなく、データベース定義もサーバ側のファイルに残す方法がよりスマートと考えます。

[IM]テーブルとフィールドの指定

INTER-Mediatorでは要素が「どのテーブルのどのフィールド」なのかを記録していなければなりません。しかしながら、より汎用的に、どの属性なのかあるいはテキスト要素なのかを指定することも必要です。再構築前はTITLEなどを利用し要素のタグによってデータベースのデータが差し込まれる場所が決まっていましたが、それを汎用化します。

まず、「どのテーブルのどのフィールドなのか」という情報を、「要素のリンク指定」と呼ぶ事にします。要素のリンク指定は、TITLEないしはCLASS属性を使うということにしようと思います。両方も、一方だけでもOKとします。

TITLEの場合は、

<input title=”table@field” name=”email” />

などと記述します。CLASSの場合は、他のものとの区別を付けるため、

<input class=”IM[table@field] mailfield” name=”email” />

のようにIM[*]の形式で記述します。classにはいくつかのデータが入り、確実に区別したいので、恣意的なマーキングを要求しようと思います。

それから、同じセパレータで区切って、どの属性にセットするのかを指定できるものとします。たとえば、input要素ならvalueに設定したいわけですから、

<input title=”table@field@value” name=”email” />
<input class=”IM[table@field@value] mailfield” name=”email” />

と書くものとします。@で区切った3つ目のコンポーネントがないものは、その要素のテキスト要素になるものとします。たとえば、

<div class=”subtitle IM[table@field]”></div>

は、フィールドの値を、開きタグと閉じタグの間に展開します。

また、別の区切り文字(デバイダーと呼ぶ事にします)によって、複数の属性およびテキストデータに展開するものとします。つまり、デバイダーを縦棒の | としたら、

<option class=”IM[table@id@value|table@name]” />

とすることで、

<option value=”idフィールドの値”>nameフィールドの値</option><

と展開するようにします。

要素を展開したときには、従来の方法では、@1 @2 …をあとに付けていましたが、これはデータベースに書き込みを行うための区別を行うためです。これについては、もう少し開発が進んでからどうするのかは改めて考えます。というのは、書き込みが必要なのは、INPUT、SELECT、TEXTAREAのフィールドだけになります。要素のリンク指定に繰り返し生成された情報が必要なのか、あるいはid属性で何とかなるのか、そのあたりは今後の検討課題とします。