Tag Archives: 電子出版

電子出版がはやらないとしたら、その理由は?

電子出版はそれなりに大きな市場が形成されつつあり、多くの人の注目が集まるところです。2009年頃に、Amazonがすでに電子の売り上げが上回ったという話があって、多くの人があわてたところにiPadが発売されて盛り上がり、そこから約3年、思ったほど、というか、その頃に妄想したほどは盛り上がっていません。その理由の1つが、実は牽引役だと思われているタブレット系デバイスにあるんじゃないかとも思えます。その理由を書いてみました。

電子出版をネガティブに見る人が必ず言うのは、「紙の感覚」とか「ぱらぱらめくれる」といったハードウエア的な側面です。そんなもん、電子出版物のメリットに比べたら取るに足らないというのが電子出版に対してポジティブな人の意見でしょう。ここの対立は分かるのですが、この対立点から連想されるのは、「読書体験」の違いです。大まかに言えば、紙の書籍と電子出版物はコンテンツはまったく同一なので、中身が違うということは基本的にないでしょう。もちろん、ePubだとレイアウトがいまいちなことがあるなど細かい問題はさておきます。同じ内容なのになぜ違うフィーリングになるのかという問題が「読書体験」です。

紙だからここがいいという言い方は、電子出版に対する単なるないものねだりになりますので、言い方を変えてみましょう。電子出版に欠けるものの1つは、書籍の所有感覚の違いではないかと思います。もっとも、人によってそれも違うのですが、多くの人は、昔からずっと使っている書籍があると思います。1年に1回しか見ない書籍も、毎日のように見る書籍も、そして、以前は毎日見たけど、最近は本棚に置きっぱなしという書籍もあれこれあるのですが、それぞれが、同一の厚みを持った紙の固まりとして書棚にあるわけです。見たい書籍は、自分の本棚を探します。もちろん、見当たらない場合もあるでしょう。しかし、けっこうどこに並べておいたかがだいた分かるので、久しぶりに見る本でも、本棚をざーっと見て探し当てます。書籍の背表紙の色だとか、ちょっと高さが高めだったりとか、そういう特徴は意外に覚えているものです。それを手がかりに探したりをしまし。

つまり、電子書籍は、本棚に相当するものが提供できていません。もっとも、これは提供側からすれば、「できている」という感覚だと思います。専用タブレットでも、MacでもWindowsでも、Kindoleだったら見れる。つまり、Kindleが本棚だろうという言い方ができます。iBooksは突っ込みどころ満載ですかね。いずれにしても、各社はそれぞれが本棚を提供しているつもりなんじゃないかと思います。一方、単にコンテンツだけを提供している場合もあります。いずれにしても、リアルな本棚に相当するものが今は提供できていないと言えるでしょう。

なぜか? これは明確です。タブレット各社あるいはサービス提供各社が、囲い込みを解かないからです。そのように見せない工夫は随所にあるものの、本棚のように、世界中のすべての出版物に対応したものがないわけです。各社とももちろん、アピール点はあるのですが、それは提供側の論理であり、消費者側の論理とはマッチしません。私たち読者は、あれこれ工夫をしながら、書籍コンテンツを自分で管理するわけです。しかし、大量になると安直には行きません。iBooksのように、本棚のようなグラフィックスを出しているのはどうでもいい話で、デジタル化されたコンテンツの本棚に相当するものができない限りは、過去の読書体験を上回ることはできないでしょう。言い換えれば、特定のタブレットで完結させようとしているのは各社さん見え見えなんですが、それを遣り過ぎるとそろそろ自分の首を絞め始める時期に来ているのじゃないでしょうかと考えます。

もちろん、各社のタブレットは、電子出版の立ち上がりにおいては、一般の人たちに意味が理解しやすい素材として重要な役割を果たしました。その点は功績は高いでしょう。しかし、従来の読書体験を阻害する要因にもなり始めているとも言えるのです。