Monthly Archives: March 2016

Xcode 7.3で出るSwitf 3でなくなる機能

iPhone SEがラインナップに加わり、Xcode 7.3がリリースされました。Swift 2.2になったのですが、Swift 3でなくなる機能が、deprecatedとして出てくるようになりました。以前のように、いきなりコードに赤いエラーが出て動かなくなるより、はるかに気持ちの良い対応ですね。手元のいくつかのプロジェクトを早速開いてみました。

まずは、x++やx–演算子の廃止です。こちらに詳細がありますが、まとめると初心者にとってわかりにくく、トリッキーなプログラムになりがちということで、廃止すべきという意見が通ったということです。x++と++xの違いとか、C言語のクイズとしては面白いかもしれませんが、読みやすいコードにするには、解釈しづらい言語仕様の排除というところでしょうか。x++は、x += 1 に変換しろということになっていますが、++の前後の位置を利用している場合や、x++の返り値を利用している場合には、単に置き換えで済まないかもしれません。

shot3198

__FUNCTION__が使えなくなり、#functionに置き換えるように出てきています。プロポーザルはこちらですが、アンダーラインを使うC言語由来の方法ではなく、#をコンパイラによる置き換えを記述できるようにするということでの変化ということになります。

shot3199

タイマー等で使っていたセレクタ型はSelector(“メソッド名:”)みたいに書いていましたが、#selector(クラス名.メソッド名(引数))のように記述するようになります。メソッド名を文字列で記述するとなると、間違ったメソッド名かどうかの判断ができないので、記述を見直すのは確かに必要です。こちらにプロポーザルがあります。

shot3200

オープンソースとなったSwiftですが、早速多数のプロポーザルが行われ、それが言語仕様となり、Xcodeに反映されるというダイナミズムがこのようにすでに動き始めています。Swiftは過去に例を見ない速度で進化し始めているといえるでしょう。

FileMakerのWebビューアが、WebDirectで文字化け

最近ブログ更新していないので、小さなネタですが書いておきます。私がWebDirectの話をするのは予想外かもしれませんが、ちょっとハマったことがあったので書いておきます。FileMakerでのソリューション内で、複数の文書を並べるような機能が必要だったので、Webビューアを使いました。全文字を平面上に成り行きでレイアウト出来るので便利です。Webビューアには、dataスキームを利用して、フィールドの値などを合成したHTMLを与えてWebビューアに表示しました。FileMaker Pro上ではもちろん問題ありません。しかし、WebDirectでWebビューア部分が文字化けしました。理由はフォントではなく、文字セット指定がなかったからです。そこで、

data:text/html;charset=utf8,<!DOCTYPE html><html><head>
<meta http-equiv='X-UA-Compatible' content='IE=Edge,chrome=1'/>....

のように、charsetを入れればブラウザ上では文字化けは無くなりました。charsetを省略すると、us-asciiと同じになるそうですが、それはブラウザ上だからかと思われます。FileMaker Proでは指定なしでも文字化けないようにしているということでしょうね。